(24) 5年ぶりに3Dプリンターを購入

投稿者: | 2024年3月12日

31 views

【1】3Dプリンターを購入した。

Bambu Labの P1S Comboを購入した。
買い替えを決断した最大の理由は、
P1Sのマルチカラープリントに魅力を感じたから。

★公式サイト https://bambulab.com/ja-jp/p1

★Amazon購入ページ
Bambu Lab P1S Combo

今まで使っていた FlashForgeの Adventurer3では以下の手順でマルチカラープリントを実現していた。
1) スライサーソフト上の設定で、プリント色の変わり目でプリントを停止するように設定する。
2) プリントが自動停止したら、手作業でフィラメントを交換する。
3) プリントを再開する。 ※この時に、出だしノズルから垂れてくるフィラメントを手で取り除く必要あり。←①

この手順でうまく多色刷りができるのだが、P1Sではこれが自動化されているのだ。
特に が自動化されている点が魅力だ。

【2】開封&設置する。

(1) 開封手順

開封手順は、こちらの公式動画を参考に作業した。
公式動画を用意してくださっていると、とってもありがたいです。

(2) 開封動画以降に必要な作業

1) AMSの底面に乾燥材が入っているので、これをビニール袋から出す。

2) 3Dプリンターに付属していたフィラメントを AMSにセットする。
フィラメントの先端を、白色の入り口に差し込む。

3) 初期不良の確認のために、3Dプリンターにあらかじめ差し込まれている microSDカード中のモデルをプリントする。

問題なし!
なかなかキレイ&高速にプリントできた。

Bambu Lab P1S Combo は、マルチカラープリント(=多色刷り)もなかなか品質が良い!

【3】所感

・2019年から使い続けている FlashForgeの Adventurer3と比較すると…
 GOOD : プリント開始前に、台座の位置を自動キャリブレーションしてくれるので便利だ。(紙を挟んで高さ調整する儀式が不要になった)
 GOOD : AMSが密閉型(?)かつ乾燥剤入れを装備しているので、3Dプリンターを使用後にフィラメントを片付けなくてもよい。

まだ使い始めて 1時間なので何とも言えないが、第一印象はかなり GOODだ。
今後使い倒して行き、GOOD, BADを列挙していきたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)