(11) OpenGL ESの基本実装(ひな形)

投稿者: | 2018年10月1日

この記事は最終更新から 1154日 が経過しています。

OpenGLを使うときはいつもここから…
みたいなひな形を書いておく。

これに肉付けをしてアプリを作る。
※内容は徐々にブラッシュアップしていくこと。

1. 基本形

1) MainActivity

onCreate で Viewを作ってアタッチしておく。
(9) アプリにタイトル画面を付ける。 のように、初めはタイトル画面の Viewをアタッチし、[開始]ボタン押下をトリガーにここで作っておいた MyGLViewをアタッチしてもよい。

import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {
    MyGLView m_glView;

    @Override protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);

        m_glView = new MyGLView(this);
        setContentView(m_glView);
    }
}

2) MyGLView

コンストラクタで Rendererを作ってアタッチしておく。

import android.content.Context;
import android.opengl.GLSurfaceView;

public class MyGLView extends GLSurfaceView {
    private MyGLRenderer m_renderer;

    public MyGLView(Context context){
        super(context);
        m_renderer = new MyGLRenderer();
        setRenderer(m_renderer);
    }
}

3) MyGLRenderer

import android.opengl.GLSurfaceView;

import javax.microedition.khronos.egl.EGLConfig;
import javax.microedition.khronos.opengles.GL10;

public class MyGLRenderer implements GLSurfaceView.Renderer {
    @Override public void onDrawFrame(GL10 gl) {
    }
    @Override public void onSurfaceChanged(GL10 gl, int width, int height) {
    }
    @Override public void onSurfaceCreated(GL10 gl, EGLConfig config) {
    }
}

これを実行しても真っ黒な画面が出てくるだけ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)