(22) 【連載1-4】息子用アプリを作る – 初版完成

投稿者: | 2018年10月5日

この記事は最終更新から 1112日 が経過しています。

1. 初版が出来た!

こんな感じの物ができた。

動物をタップすると、約 2秒間だけそれぞれの鳴き声が聞こえる。
実機を前後左右どの方向でも大きく傾けると、加速度センサーがこれを検知して動物の配置がランダムに変わる。

2. ここを改善したい。

1) アプリ画面の上下のバーを消したい。

小さな子どもは Androidの画面仕様などお構いなしに、画面上を縦横無尽にドラッグする。

すると…
ナビゲーションバーを押してアプリが閉じてしまったり、別のアプリが起動してしまったりする。

これが発生する確率を下げたい。

よって…
アプリ上端のステータスバーと、アプリ下端のナビゲーションバーを消したい。

これは AppCompatActivity::onResume に以下を追記して実現した。

    // Root Viewを取得する。
    View decor = this.getWindow().getDecorView();
    // Root Viewに対して表示属性を設定する。
    decor.setSystemUiVisibility( View.SYSTEM_UI_FLAG_HIDE_NAVIGATION |     // ナビゲーションバーを隠す。
                                 View.SYSTEM_UI_FLAG_FULLSCREEN |          // ステータスバーを非表示にする。
                                 View.SYSTEM_UI_FLAG_IMMERSIVE_STICKY);    // 一定時間経過後に再度非表示にする。

できた!

ステータスバーが消えた後に残った白い矩形がちょっと間抜けだが、小さい子供は気にしないだろうからよしとする。

3. プログラムソースコード

備忘録としての自分用解説はまた後で書こう。
まだ Androidのメカニズムやマナーを知らずに書いている不完全で整理できていない素人プログラムだが、なくなってしまっては寂しいので残しておく。
creaturesvoice_src_20181005.zip

4. 所感

・1歳半の息子に遊ばせてみたが、どうしてもタブレットの裏側のカメラレンズが気になるようで、裏返してしまう。「そっちじゃないよぉ」とちょっと悲しくなる。
・アニメーションさせたり、動物の方から積極的に話しかけてこないと、息子の注意を引くのは難しそうだ。
・動物の中に息子の写真を混ぜておき、それをタップすると息子の録音した音声が流れるようにしたが、これは気になったみたい。息子のマイブームの一言「できた~」が注意を引いたようだ。
・今回は人にウケるアプリを作る方々の大変さを痛感した…

5. 参考情報

ありがとうございます。 m(_ _)m
http://d.hatena.ne.jp/Kazzz/20100828/p1
https://qiita.com/a_nishimura/items/5b36765e3cd4558f5ab0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)