(2) Android Studioで Hello World

投稿者: | 2018年9月28日

この記事は最終更新から 1156日 が経過しています。

1. やりたいこと

前回 (1) Androidアプリ開発環境を作る。 では Android Studio なるものをインストールした。

Android Studio に触るのは初めてなので、公式チュートリアルから始めてみる。

2. やってみる

(1) 何も考えずにチュートリアルに従ってみる。

[Start a new Android Studio project]を選択する。

その後もチュートリアルの指示のままに進める。

すると…
IDEっぽいのが立ち上がり、下半分のペインでは勝手に Build が実行されている。

Buildが終了したので、[Run] アイコンを押してプログラムを実行してみる。

「Select Deployment Target」画面が開いたので [Create New Virtual Device] ボタンを押下する。
今回は普通の Androidスマホのエミュレーターで動かしたいので Nexus 5 を選択した。

続いて Androidのバージョンを選ばされる。
今回は一番新しい Android 9.0 を選択してみた。

しばらく待つとスマホのエミュレーターが立ち上がった。

さらに待つと…
My1stAppプログラムが実行され、画面中央に「Hello World!」と表示された。

何もプログラムを書いていないのに、勝手に「Hello World!」と表示された。
何かを成し遂げた達成感がまったくない…

(2) さらにチュートリアルを進める。

チュートリアルはさらに続く。

次のテーマは「簡単なユーザー インターフェースの作成 」とのこと。

このチュートリアルのミソはここかな?

指示されるがままにテキストボックスとボタンを配置する。

[Apply Changes] でリビルドして [Run] でエミュレーター上で再実行してみる。

続けて、下記ページに従って [Send] ボタン押下時の処理を追加実装する。

何かできた!

3. 所感

慣れない手続きが多かった。

しかし…
20年以上前の Borlandの OWLや Microsoftの MFCの頃から経験しているが、
型にはまったアプリを作る場合、まずは盲目に型へのはめ込み方に慣れる必要がある。

仕事でやっているわけではないので、マイペースで少しずつ慣れて行ければよい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)