(24) 【AI】 チョークで手書き風の文字を描く

投稿者: | 2016年12月29日

この記事は最終更新から 1753日 が経過しています。


(1) マウスやペンタブで文字を手書きする。


スペルを間違えた… 正しくはDRAWだ


(2) ラスター画像化する。

・「オブジェクト」-「ラスタライズ」メニューを選択する。
※「背景」は透明を選択すること。


(3) 画像のアウトラインを抽出(=ベクター画像化)する。

・「画像トレース」を選択する。
・「アウトライン」を選択する。
・「拡張」を選択する。

・不要なパスは除去する。


(4) 枠線を作る。

・全オブジェクトをコピーする。(一方は枠線、一方は落書き風の中身に使用)
・枠線を白色2pt程度、塗りつぶし色を透明色にする。


(5) 落書き風に変える。

・上記(4)でコピーしておいた方のオブジェクトに対して処理する。
・塗りつぶし色を白色にする。
・「効果」-「スタイライズ」-「落書き」メニューを選択する。
・パラメーターは良い感じに調整すること。


(6) 2枚のレイヤーを重ねて表示する。

上記(4)と上記(5)で作成したレイヤーを重ね合わせる。


(7) 少しかすれた感じを加える。

上記(6)だと、白ペンでべったりと描画した感じがする。すなわちチョークっぽくない。
チョークっぽくかすれた感じを加えたい。

・最上位のレイヤーを「チョーク」ブラシで粗く塗りつぶす。

・上記(4),(5)で作成したオブジェクトと、「チョーク」ブラシで塗りつぶしたオブジェクトを同時選択し、「透明」-「マスク作成」を実行する。

イマイチだな…
ただ汚くなっただけだな…
どうしよう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)