(25) 【AI】 3D立体ブロックを描く

投稿者: | 2016年12月30日

この記事は最終更新から 1760日 が経過しています。

(1) 長方形ツールで正方形を描く。(ここでは50mm x 50mm)

(2) 上記(1)で作成したオブジェクトを選択した状態で [Enter] キーを押下する。
水平移動距離55mm, 垂直移動距離0mmでコピーする。

(3) 上記(1),(2)で作成した2個のオブジェクトを選択した状態で [Enter] キーを押下する。
水平移動距離0mm, 垂直移動距離55mmでコピーする。

(4) 上記(1)~(3)で作成したオブジェクトに色を塗る。

(5) 4個のオブジェクトを選択した状態で「効果」-「3D」-「押し出し・べベル」メニューを選択する。
・角度と厚さは好みに合わせて適当に決める。
・側面が暗くならないように、新規に光源を追加し、左下側面から照射する。

(6) 後から3D効果のパラメーターを変更したい場合、「アピアランス」メニューを選択する。
ここでは、べベルを「角の丸い平面」に変更した。

こんな感じにできた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)