(4) 可変抵抗でLEDの明るさ調整

投稿者: | 2018年4月18日

この記事は最終更新から 1085日 が経過しています。

1. やってみたいこと

ここまでの学習では、LEDを点灯させる回路上に 100Ωの抵抗を繋げていた。
今回は可変抵抗を繋ぎ、ノブを回すことによって LED点灯の明るさを変えてみたい。

2. やってみる

(1) 可変抵抗を調査

今回使用するのは、半固定ボリュームと呼ばれる可変抵抗器だ。
半固定とは「実装時には調整するが、リリース後は固定値で使うから」ということらしい。

この可変抵抗器の最大値は 1kΩだそうな。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-06107/

この抵抗には足が 3本あり、全1kΩの抵抗 Rを
1) R1 : 中央と左足
2) R2 : 中央と右足
の 2ルートに分けて配分することができる。すなわち、
R = R1 + R2
となる。

よって、
・右に回すと抵抗が大きくなる、
・左に回すと抵抗が大きくなる、
のどちらでも選んで使える。

この抵抗をテスターで計測してみたところ、以下のような抵抗値だった。
・左(右)端までノブ回転: 1[Ω]
・右(左)端までノブ回転: 986[Ω]
つまり、左(右)端までノブ回転して抵抗値を小さくすると、LEDに大量の電流が流れて危険だ。

では、いつもの通りに抵抗を挟むか?
今回は LEDの明るさに注意しながらノブを回すことで危険を回避することにした。

(2) 設計

こんな感じで結線する。
ノブを右回ししたときに抵抗値が大きくなるように繋いだ。

(3) 実装

抵抗値大 → LED暗い

抵抗値小 → LED明るい

3. 所感

いつか何かに使えそうだ。
もっとワクワクする物を作りたいが、基礎固め中なので背伸びしない…

あと…
ニッパーで切った線は確実にゴミ箱に入れること!
落ちていて刺さると痛いから。


カテゴリー: LED

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)