(40)【第二種電気工事士】技能試験を受けてきたけど… → (追記)合格してた!

投稿者: | 2022年12月26日

598 views

この記事は最終更新から 368日 が経過しています。

1. やりたいこと

築 50年の我が家の電気周りをあれこれといじりたくなり、電気工事士の資格を取得することにした。

2022年10月30日に筆記試験を受験し、こちらは合格した。
(39)【第二種電気工事士】まずは筆記試験に合格

続けて技能試験。
こちらは 2022年12月24日のクリスマスイブの日に受験してきた。

着席時の感想は…
筆記試験の時よりも高校生が少ないなぁ…

世間の厳しさを痛感している我々おじさんたちの方が、しっかりと受験勉強をしていたのかもしれない。

2. やってみた

もしかしたら落ちているかもしれないので…
日記として受験日の記憶をアウトプットしておきたい。

私が行った試験会場では、候補問題 No.7 が出題された。
公開されている候補問題はこちら

候補問題全13問を前日までに制作済みのため、不安なく開始できた。
これに対して5分ほどで描いた複線図がこちら。

複線図を描き終えた時点では
「まぁ丁寧に作れば問題ないだろう。」
などと楽観的になっていた。

で…
ぱちぱちと線を切り、
スイッチを接続し、
ランプセレクタブルを接続し、
アウトレットボックスにケーブルを通し、
差込形コネクタで接続し、
リングスリーブを接続し、
さぁチェックしようか…

「はい。終了です。工具から手を離してください!」

「え゛っ」

なんと、最後のリングスリーブを圧着・切断した 3秒後 に試験終了がアナウンスされた。
当然見直しができていない。

不安なのは以下の2点。
ランプセレクタブルの W側に白線を繋いだよなぁ…
アウトレットボックスの中にゴミが落ちていないよなぁ…

多分、問題ないと思うが…

ランプセレクタブルの向きを確認した後、
電線の先の「のの字」整形に夢中になり、
その後、白線を W側に繋いだかどうか記憶が定かではない…

リングスリーブの方は、圧着直前直後に刻印を確認したので間違いない。

もし、不合格で再受験になった場合は…
試験会場に時計を持っていくこと!
作業スピードを上げること!
ランプセレクタブルは W側だけネジを外しておくこと!
アウトレットボックス内に切りくずなどのゴミが残っていないかを確認すること!

もし、たったの3秒間だけでも何かに手間取っていたならば、未完成で終了するところだった。
その場合は当然不合格だ。

今考えるととっても怖ろしい…
油断してはいけない。

技能試験の合格発表は 2023年1月27日(金) とのこと。
とってもモヤモヤした気分だけど、気にしても今更結果は変えられないので、合格発表の当日まで忘れておきます。

3. 所感

・技能試験の受験会場は、古い大学の教室だった。
 机の奥行きが 34cmしかなく、狭い…
 二つ隣の席には別の受験者がいて、自由に使える机上の横幅も70cmほどと狭い…
  ↓
 34cm x 70cmほどの狭い机の上 で工作する練習をしておく必要がある。

追記 : 合格していた (2023.01.27)

今回も
合格おめでとうございます!
ではなくって
合格者一覧にあります。
という無骨な、いかにもガテン系な感じのメッセージが好印象かも。

今後の手続きは?

2023年2月6日に「試験結果通知書」なる物が発送されるとのこと。
 ↓
これを持って県庁へ行き、免状の交付を申請するとのこと。

記念にTOPページのスクリーンショットも記録しておこう。
https://www.shiken.or.jp/

年明けからバタバタとしていて不安を感じている余裕もなかったのだが、ひとまず受かっていてよかった。
今後はネット上で情報を収集しながら、少しずつ家の中の老朽化した電気設備を更新していきたい。

本当は土日だけ働かせてくれる電気屋さんで経験を積ませてほしいのだけれども、そんな甘いことはないのだろう…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)