(9) 【MQL5】 サンプルプログラム(EA)をクラス化

投稿者: | 2017年9月16日

この記事は最終更新から 1495日 が経過しています。

(1) やりたいこと

(7) 【MQL】 チャートにシグナルを表示をクラス化」と同様に、「(4) 【MQL】 サンプルプログラム(EA)を解析」で解析したプログラムを分解してみる。すなわち、EAの骨格部分と具現化部分を分けておき、いろいろなロジックで増殖させられるようにしておく。

構成はこんな感じ。

(2) プログラム作成

1. Simple.mq5

EA本体はこれだけ。

2. MyEA.mqh

EAのベースクラス。これを派生させていろいろなロジックを具現化する。

3. MyEA_MA.mqh

MAでシグナルを出し売買実行するサブクラス。
今後はこれをベースに亜種をいろいろと増殖させるかもしれない。

(3) いざ実行

大勝してるところだけを見ると気持ちがよい。ギャンブルだなこりゃ…

トータルでは結構負けてる。

今回は「(4) 【MQL】 サンプルプログラム(EA)を解析」で解析したプログラムを分解、クラス化することが目的なのでこれでOKとする。


カテゴリー: MQL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)