(77) no refererでリンク元を隠す。

投稿者: | 2019年11月12日

この記事は最終更新から 713日 が経過しています。

1. やりたいこと

WEBブラウザごとに「お気に入り」や「ブックマーク」を登録している。

でも…
パソコン、スマホ、タブレットなどを併用しているため、このリンク集を共有したい。

ということで…
プライベートなリンク集のページを作り、WEB上に設置している。

このページは認証でアクセス制限をかけているので、覗かれる心配はあまりしていない。

でも…
リンク元の URLがバレてしまうのは、ちょっと照れ臭いので隠したい。

2. やってみる

(1) ページ内の全リンクでリンク元を隠したい場合

<head>~</head> の中で以下のように記述しておく。

<meta name="referrer" content="no-referrer">

(2) 個々のリンク毎にリンク元を隠す or notを決めたい場合

<a> タグの属性で以下のように記述しておく。

<a href="http://www.example.com" rel="noreferrer">

3. 更に

target=”_blank”でジャンプした場合、遷移先のページで遷移元のページを JavaScriptで操作出来てしまうとのこと。

つまり…
画面上で「遷移前のページ」と「遷移後のページ」の両方が表示されている場合に、後者に書かれた JavaScriptプログラムで、前者を操作出来てしまう。つまり、JavaScriptを使って ページの内容を勝手に書き換えられてしまう。

これに備えて noopener を指定しておいた方がよいとのこと。

<a href="http://www.example.com" rel="noopener noreferrer">

参考: サイトで rel=”noopener” を使用して外部アンカーを開く


カテゴリー: HTTP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)