(90) Google Chromeで HTTPヘッダを見る。

投稿者: | 2020年12月11日

後で清書する。

1) デベロッパーツールを起動する。

2) 縦向きに列挙されたファイル一覧から任意のファイルを選択する。

3) Response Headers, Request Headersに送受信の HTTPヘッダが表示される。

x. 関連する情報

(1) PHPで任意の HTTPヘッダを埋め込みたい場合

例1: iframe内での WEBページの表示を禁止する。

いわゆるクリックジャック対策のこと。

header('X-Frame-Options:DENY');

例2: HTTPヘッダへの PHPバージョン出力を禁止する。

header_remove('X-Powered-By');

もしくは

header('X-Powered-By: Secret'); 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)