(111) Raspberry Pi Zeroでシステムまるごとバックアップする。

投稿者: | 2018年11月15日

1. やりたいこと

Raspberry Piに関する記事一覧はこちらです。

Raspberry Pi上で動作するソフトウェアは、microSD カードに入れている。

そのサイズは約 1cm x 1.5cm ほど。
こんなに小さいカードだ。 iPhoneの ACアダプターが巨大に見える。

こんなに小さいカードだから、机の上のごみを捨てるときに誤って捨ててしまうかもしれない。
また、物理的にとっても弱そうなので、ラズパイからの抜き差しで壊れてしまうかもしれない。

で…
まるまるバックアップを取っておきたい。

2. やってみる

(1) 必要な物を用意する。

今回は Raspberry Pi Zero WH をバックアップする。
以下の物を用意する。
microSDカード : Raspberry Piに刺さっているカードと同等以上のサイズの物を用意
USBカードリーダー : microSDカードが刺さる物を用意
USB Type A → microB 変換コネクタ : Zero WH側のコネクタが microBのため、これに合わせる。

(2) コピー先となる microSDカードを Raspberry Piに接続する。

microUSBカードの刺さった USBカードリーダーを Raspberry Piの USBコネクタに挿す。

(3) Raspbian OS上でコピープログラムを実行する。

1) SD Card Copierを起動する。

Raspbian OS のメニューに SD Card Copier なる物があるので、これを使う。

2) コピー元とコピー先を選択して実行!

コピー元は Raspberry Pi Zero WHに直接挿されている microSDカードを指定する。
コピー先は USBカードリーダー上の microSDカードを指定する。

コピー先は全部消されてよいので [Yes] を押す。

1/5 ~ 5/5まで 10分ぐらいかかったかも…

できた!

(4) SDカードを入れ替えて再起動

・Raspberry Piをシャットダウンする。
・両方の microSDカードを抜く。
・新しくコピーされた方の microSDカードを Raspberry Piに挿す。
・Raspberry Piの電源投入!

これで起動すればOK!

(5) コピーした microSDカードをしまっておく。

とっても大事なこと。

microSDカードは小さすぎて紛失しやすい。
分かり易い袋や箱に入れて保存しておく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です