(114) ラズパイからステルスSSIDのWi-Fiルーターに接続する。

投稿者: | 2019年4月28日

1. やりたいこと

我が家では Raspberry Pi Zero W を壁にかけて Wi-Fi温度計として使用している。

この実装については以下の過去記事に記載している。
(91) 【連載1-1】初ラズパイ: 選定&入手編
(92) 【連載1-2】初ラズパイ: WiFiで繋ぐ
(93) 【連載1-3】初ラズパイ: 温度センサーをつなぐ
(94) 【連載1-4】初ラズパイ: 温度データをSCPで周期転送

実装から約一年間、今日まで問題なく使えていたが、今日突然動かなくなった…

原因を調査すると、ラズパイと Wi-Fiルーターとの接続が切れている!

その原因は…
Wi-FiルーターのSSID報知を禁止したこと!

つまり…
ステルスSSIDに変更したこと。

そこで…
ラズパイをステルスSSIDに繋げるようにしたい!

2. やってみる

1) パスフレーズを暗号化する。

$ SSID="myrouter"
$ PASSPHRASE="iuweifuwhi2"
$ wpa_passphrase $SSID $PASSPHRASE
network={
        ssid="myrouter"
        #psk="iuweifuwhi2"
        psk=6c3b8cf9a09579085f0c390b92b782f7a8773c4aa829012966394d38236e55d1
}

2) そのパスフレーズを使って Wi-Fi接続設定を変更する。

$ sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

開いたファイル中で以下を変更する。
1. scan_ssid=1 を追記する。
2. 上記1)で出力した psk に書き換える。

before

network={
        ssid="myrouter"
        psk="iuweifuwhi2"
        key_mgmt=WPA-PSK
}

after

network={
        ssid="myrouter"
        scan_ssid=1
        psk="6c3b8cf9a09579085f0c390b92b782f7a8773c4aa829012966394d38236e55d1"
}

この後、ラズパイを再起動し直せばステルスSSIDに接続できる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です