(124) CentOS Linuxが終わる? CentOS Streamとは何だ?

投稿者: | 2021年3月12日

CentOS Linuxの今後について、Red Hatから以下のようにアナウンスされている。
CentOS Linux 7は、2024年6月30日で更新終了、
CentOS Linux 8は、2021年12月31日で更新終了、
CentOS Linux 9は、リリースしない。

現在自分は、
さくらのVPSで CentOS Linux 7を 2環境
自宅サーバーで CentOS Linux 7, CentOS Linux 8を 1環境ずつ
を所有しているので、この話題は 他人事ではない。

では…
なぜ終了するのか?
については、こちらの Red Hatブログにわかりやすく書かれている。

https://www.redhat.com/ja/blog/faq-centos-stream-updates

ずばり…
この部分の説明だろうか。

RHEL製品版から一部の機能をそぎ落としたのが CentOSだ。

つまり…
CentOSは RHELのリビルドであり、クローンだ。

そんな物に対して、今現在 Red Hatは大きな価値を感じないのだと。

CentOSは RHELのすそ野を拡大するという大きな役割を果たして来た。
自分もその恩恵を受け続けてきた一人だ。

では、その代替として示されている CentOS Streamとは?

その関係性がよくわかるのが、こちらの CentOS公式ブログ記事だ。

https://blog.centos.org/2020/12/centos-stream-is-continuous-delivery/
/>

この図がとってもわかりやすい。

従来の CentOS Linuxが、製品版 RHELから機能をそぎ落としたクローンであったのに対して、
CentOS Streamは、RHEL開発ストリームを構成する立ち位置、すなわち 試作版 なのだ。

よって…
製品版 RHELでは改修済みの不具合が CentOS Streamには残っている
であろうことが、従来の CentOS Linuxとの差だなぁ。

よって…
機能的には従来の CentOSと大差はないだろうと。

職場の RHELに似た環境を自宅にも作りたい
という動機で CentOS Linuxを使っていた自分にとっては、
CentOS Streamへの移行は大きな問題にはならなさそうだ
と楽観視している。

でも…
商用で CentOS Linuxを使っている人は心配だろうなぁ…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です