(148) Windows10, Windows11でExplorer上のオーバーレイアイコンが変わらない…

投稿者: | 2023年3月31日

265 views

この記事は最終更新から 439日 が経過しています。

1. 問題点

Windows10, Windows11に TortoiseSVNをインストールして使っている。

ファイルごとの編集の有無を視覚的に区別しやすいように
変更なしのファイル、変更ありのファイルを異なるアイコンで表示
してくれるはずなのだが、
このアイコンが表示されない。

困った。

↓↓↓ 期待する表示はこちら。↓↓↓

2. 解決策

ファイルに紐づけて表示できるアイコンの数に上限があるとのこと。
この上限値が上がるように、キャッシュサイズを大きくしてやればよいとのこと。

具体的には、レジストリエディタを使って下記の通りに値を設定してやればよい。

手順1 : レジストリエディタを起動する。

タスクバー上の検索窓に regedit と入力する。

手順2 : MaxCachedIcons を追加する。

レジストリエディタ上で以下を表示する。
コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer

Explorer階層が選択された状態で [新規]-[文字列値]メニューを選択する。

以下を設定する。
キー : MaxCachedIcons
値 : 2048

手順3 : Windowsを再起動する。

マシンを再起動後、設定が反映されている。
すなわち、ファイルのアイコンが意図したものに変わっている!

3. 所感

以前は上記のレジストリ階層にある ShellIconOverlayIdentifiers に列挙されているアイコンの優先度を並び替えて対応していた。
どうやら MaxCachedIcons を増やせばこの並び替えは不要なようだ。
本当か?

しばらくの間は、このまま使って様子を見てみよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です