(26) SATA内蔵HDDを増設

投稿者: | 2014年8月17日

この記事は最終更新から 783日 が経過しています。

3.0TBのHDD x 2個」でRAID1のNASを作ったら、
1.5TBのHDD x 2個」が余った。
余った2個は、内蔵スペースに余裕のあるマシンに載せてしまおう。

手順1: SATA内蔵HDDを接続

(1) マシンを開ける。
(2) HDDを設置し、電源ケーブルとSATAケーブルをつなげる。

手順2: BIOSの設定

(1) マシンを起動する。
(2) BIOS設定画面を開く。(DELLの場合、起動直後のDELLロゴ表示中に[F2]キーを押す。)
(3) SATA0~Nの中で、HDDを増設したポートを有効化する。

手順3: パーティション作成&フォーマット

(1) 増設した2台HDDドライブのデバイス名を確認する。
今回増設した2台は、それぞれsdb, sdcとして認識されている。

$ dmesg
 :
[    2.503280] sd 1:0:0:0: [sdb] 2930277168 512-byte logical blocks: (1.50 TB/1.36 TiB)
 :
[    2.504655] sd 2:0:0:0: [sdc] 2930277168 512-byte logical blocks: (1.50 TB/1.36 TiB)

(2) fdiskでパーティションを作成する。
まず、現在のディスクの状態を見る。

# fdisk /dev/sdb
コマンド (m でヘルプ): p
Disk /dev/sdb: 1500.3 GB, 1500301910016 bytes, 2930277168 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト

既存のパーティションをクリアする。

コマンド (m でヘルプ): d
Selected partition 1
Partition 1 is deleted

新しくパーティションを作る。
今回はパーティションは1個にするため、primary指定の1番指定でよい。

コマンド (m でヘルプ): n
Partition type:
   p   primary (0 primary, 0 extended, 4 free)
   e   extended
Select (default p): p
パーティション番号 (1-4, default 1): 1
最初 sector (2048-2930277167, 初期値 2048):
初期値 2048 を使います
Last sector, +sectors or +size{K,M,G} (2048-2930277167, 初期値 2930277167):
初期値 2930277167 を使います
Partition 1 of type Linux and of size 1.4 TiB is set

確認すると、/dev/sdb1 ができている。

コマンド (m でヘルプ): p

Disk /dev/sdb: 1500.3 GB, 1500301910016 bytes, 2930277168 sectors
Units = sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
Disk label type: dos
ディスク識別子: 0x0005fe38
デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
/dev/sdb1            2048  2930277167  1465137560   83  Linux

(3) フォーマットする。

# mkfs -t ext4 /dev/sdb1
mke2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
91578368 inodes, 366283776 blocks
18314188 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=2514485248
11179 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
        32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
        4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968,
        102400000, 214990848

Allocating group tables: done
Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: data1done

手順4: 適当なところにマウント

今回は /mnt/data1/dev/sdb1 をマウントする。

# mkdir -p /mnt/data1
# mount /dev/sdb1 /mnt/data1
# ls -l /mnt
drwxr-xr-x. 3 root root 4096  8月 17 16:54 data1
# chmod 777 /mnt/data1
# ls -l /mnt
drwxrwxrwx. 3 root root 4096  8月 17 16:54 data1

手順5: 次回起動時もマウントさせるために

このままではシャットダウン時にマウント指定が無効になってしまう。
/etc/fstab を編集し、次回起動時に自動マウントするように記述しておく。

# /etc/fstab
# Created by anaconda on Sun Aug 17 12:09:08 2014
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
/dev/mapper/centos-root /                       xfs     defaults        1 1
UUID=dbe0620a-5589-4d91-8cf0-e258ce0d3a32 /boot                   xfs     defaults        1 2
/dev/mapper/centos-home /home                   xfs     defaults        1 2
/dev/mapper/centos-swap swap                    swap    defaults        0 0
/dev/sdb1 /mnt/data1                            ext4    defaults        1 2
/dev/sdc1 /mnt/data2                            ext4    defaults        1 2

設定の詳細については fstab format でググるとたくさん出てきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です