(45) Let’s Encrypt更新後に「安全な接続では…」

投稿者: | 2017年3月17日

この記事は最終更新から 780日 が経過しています。

■SSL証明書を更新

Let’s encryptで発行してもらったSSL証明書の期限は3か月間しかない。
期限が近づいたら以下の手順で更新する必要がある。(CentOS7の場合)

# INSTALLDIR=/opt/letsencrypt
# systemctl stop httpd.service
# cd $INSTALLDIR
# ./letsencrypt-auto renew
# systemctl start httpd.service

ここで
Congratulations! Your certificate and chain have been saved at…
と更新成功のうれしいメッセージが表示されたのだが…

■問題発生

しかし、WEBブラウザで該当ページを閲覧すると…
「安全な接続ではありません。」
SEC_ERROR_EXPIRED_CERTIFICATE

と表示されてしまう。

こちらの Let’s encrypt community で似た現象の情報をいろいろと収集する。
https://community.letsencrypt.org/

■原因

SSLの設定ファイルで最新のSSL証明書を参照するように設定していなかった…
/etc/httpd/conf.d/ssl.conf の中を見てみると、以下のようにポイントしている。

  :
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/cert1.pem
  :
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/privkey1.pem
  :
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/chain1.pem
  :

ところが、更新後は以下のようになっている。

# ls -l /etc/letsencrypt/live/www.mydomain.com
total 4
lrwxrwxrwx 1 root root  47 Mar 17 18:29 cert.pem -> ../../archive/www.example.com/cert2.pem
lrwxrwxrwx 1 root root  48 Mar 17 18:29 chain.pem -> ../../archive/www.example.com/chain2.pem
lrwxrwxrwx 1 root root  52 Mar 17 18:29 fullchain.pem -> ../../archive/www.example.com/fullchain2.pem
lrwxrwxrwx 1 root root  50 Mar 17 18:29 privkey.pem -> ../../archive/www.example.com/privkey2.pem

配置する仕様が変わったのか?
各ファイルの実体は archiveディレクトリにあり、liveディレクトリから最新ファイルへシンボリックリンクしている。

と言うことは、ssl.confを以下のように変更する必要がある。

  :
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/cert.pem
  :
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/privkey.pem
  :
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/live/www.example.com/chain.pem
  :

以上で解決しました。


カテゴリー: SSL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です