(55) リニューアルされたcoreserverでFilezilla(SFTP)接続できない… 【解決】

投稿者: | 2017年9月6日

この記事は最終更新から 746日 が経過しています。

2017年8月にレンタル共有サーバーサービスである coreserver の仕様が変更された。
OSが SUSE から UBUNTU に変わった。
物理サーバーのスペックが格段に上がった。

現象

この新しくなった coreserverに Filezillaで SFTP接続しようとすると

Received unexpected end-of-file from SFTP server

が発生する。

原因

デフォルトのシェルが rbash になっていたため、あれこれと機能制限がかかっていた。

いつ仕様が変わったんだろう…
2009年から継続して使っているので気づかなかったけど、新規アカウント作成時の仕様が変わっていたのですね。

対策

chshコマンドでデフォルトのシェルを rbash から bash に変更します。

-rbash-4.2$ chsh
Changing shell for hoge.
New shell [/bin/rbash]: /bin/bash
Password:
Shell changed.
-rbash-4.2$

これで cd とか使えるようになった!
びっくりしたなぁもぉ

参考:リニューアル後のスペック

(1) CPU

CPUは 2016年に発売された Broadwell世代の Intel Xeon E5-2660 v4(14core,28thread)を 2個搭載している。すなわち 56threadで動く!

-rbash-4.2$ cat /proc/cpuinfo
  : 中略
processor       : 55
vendor_id       : GenuineIntel
cpu family      : 6
model           : 79
model name      : Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2660 v4 @ 2.00GHz
stepping        : 1
microcode       : 0xb00001f
cpu MHz         : 1360.937
cache size      : 35840 KB
physical id     : 1
siblings        : 28
core id         : 14
cpu cores       : 14
apicid          : 61
initial apicid  : 61
fpu             : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level     : 20
wp              : yes
flags           : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov ...
bugs            :
bogomips        : 4001.25
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 46 bits physical, 48 bits virtual
power management:

参考までに、今回のリニューアル前までは Intel Xeon E5-2670 (6core) x 1個だった。
両者を PASSMARKのベンチマークテスト結果で比較すると以下の通り。
処理性能は 1.5倍に上がっている一方で、コスパは 1/7に下がっているのだそうな。

2017年9月時点で Amazonでの販売価格は CPU 1個が 20万円以上もする。
でも、5年も経てばヤフオクで 2万円ぐらいで売られているはず。

(2) Memory

メモリは約 380GBも搭載している。

-rbash-4.2$ cat /proc/meminfo
MemTotal:       396157720 kB
MemFree:        383686468 kB
MemAvailable:   383686468 kB
Buffers:               0 kB
Cached:          3608264 kB
SwapCached:            0 kB
Active:         10633784 kB
Inactive:        1834932 kB
Active(anon):    9707228 kB
Inactive(anon):  1594632 kB
Active(file):     926556 kB
Inactive(file):   240300 kB
Unevictable:           8 kB
Mlocked:            3700 kB
SwapTotal:      402554876 kB
SwapFree:       402554876 kB
Dirty:               140 kB
Writeback:             0 kB
AnonPages:      46865428 kB
Mapped:          5143136 kB
Shmem:          18630704 kB
Slab:               0 kB
SReclaimable:          0 kB
SUnreclaim:            0 kB
KernelStack:      127648 kB
PageTables:      1872428 kB
NFS_Unstable:          0 kB
Bounce:                0 kB
WritebackTmp:          0 kB
CommitLimit:    600633736 kB
Committed_AS:   428593804 kB
VmallocTotal:   34359738367 kB
VmallocUsed:           0 kB
VmallocChunk:          0 kB
HardwareCorrupted:     0 kB
AnonHugePages:  24342528 kB
CmaTotal:              0 kB
CmaFree:               0 kB
HugePages_Total:       0
HugePages_Free:        0
HugePages_Rsvd:        0
HugePages_Surp:        0
Hugepagesize:       2048 kB
DirectMap4k:      815868 kB
DirectMap2M:    41031680 kB
DirectMap1G:    362807296 kB

参考: リニューアル前は約 12GB とだいぶ違うな。

(3) Storage

HDDは16TBもある。
自分は「CORE-B」プランを契約する予定なので 240GBだけ分けてもらえるはず。

-rbash-4.2$ df -m
Filesystem           1M-blocks   Used Available Use% Mounted on
lxd/containers/b1001  16384151 125429  16258723   1% /
none                         1      1         1   1% /dev
udev                    193417      0    193417   0% /dev/tty
tmpfs                        1      0         1   0% /dev/lxd
tmpfs                        1      0         1   0% /dev/.lxd-mounts
tmpfs                   193437      1    193437   1% /dev/shm
tmpfs                   193437   1113    192324   1% /run
tmpfs                   193437      0    193437   0% /sys/fs/cgroup
/dev/shm                  4096      1      4096   1% /mnt/ram
/dev/shm                    64      0        64   0% /mnt/ram2
tmpfs                    38688      0     38688   0% /run/user/1501
tmpfs                    38688      0     38688   0% /run/user/0
tmpfs                    38688      0     38688   0% /run/user/10002

(4) OS

現サーバーは SUSE Linux(0.6%)だが…
新サーバーは Ubuntu 16.04(37.5%)を採用している。 ※()内はWEBサーバーのシェア

-rbash-4.2$ cat /proc/version
Linux version 4.4.0-62-generic (buildd@lcy01-30) (gcc version 5.4.0 20160609 (Ubuntu 5.4.0-6ubuntu1~16.04.4) ) #83-Ubuntu SMP Wed Jan 18 14:10:15 UTC 2017

雑感

マシンスペックがリニューアル前と比較してかなりUPしている。
 ↓
1台のマシンの同居人の数が増える。(=大規模マンション化)
 ↓
ヘビーなプログラムを動かす人と同居する可能性が高くなる。
 ↓
マシンスペック向上はうれしいけど、ちょっと心配です。

今までもコスパ良好でしたが先月から無料SSLまで開始されました。
個人的には 2009年から使ってますがお勧めです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です