(62) 時刻のタイムゾーンを直す

投稿者: | 2017年10月3日

1. やりたいこと

CentOS7をインストール時になぜかロンドン時刻に設定していた…
これを東京時刻に直したい。

2. やってみる

(1) まずは現状を確認

現在のタイムゾーンの設定値を見る。
確かに UTC + 0H となっている。

$ timedatectl
                      Local time: Wed 2018-11-07 14:33:19 UTC
                  Universal time: Wed 2018-11-07 14:33:19 UTC
                        RTC time: Wed 2018-11-07 14:33:19
                       Time zone: Etc/UTC (UTC, +0000)
       System clock synchronized: yes
systemd-timesyncd.service active: yes
                 RTC in local TZ: no

(2) 何に変えればよいのか?

日本時刻を探してみる。

$ timedatectl list-timezones | grep -i japan

ない… ワザとらしいか

東京時刻を探してみる。

$ timedatectl list-timezones | grep -i tokyo
Asia/Tokyo

あった!

(3) 東京時刻を設定する。

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

確認してみる。

$ timedatectl
                      Local time: Wed 2018-11-07 23:36:14 JST
                  Universal time: Wed 2018-11-07 14:36:14 UTC
                        RTC time: Wed 2018-11-07 14:36:14
                       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
       System clock synchronized: yes
systemd-timesyncd.service active: yes
                 RTC in local TZ: no

確かに JST(Japan Standard Time) UTC + 9H に変わった!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です