(69) LZHファイルを解凍する。

投稿者: | 2017年10月27日

この記事は最終更新から 725日 が経過しています。

やりたいこと

ひょんなことから 2006年に作成した LZH形式の圧縮ファイルの中身を見たくなった。
昔は圧縮と言えば LZH形式であったが、いまではすっかり見なくなった。

このファイルを解凍しようとしたがソフトが無い。
Lhaplusを Windows10にインストールしてもよいのだが、CentOS7上で解凍してみる。

LHAをインストール

CentOSの公式リポジトリには LHAが置かれていないので、GitHubのものを使わせていただく。

1) LHAをダウンロード

こちらから ZIPファイルをダウンロードさせていただく。
https://github.com/jca02266/lha

wget https://github.com/jca02266/lha/archive/master.zip
unzip master.zip
cd lha-master

2) automake, autoconfをインストール

sudo yum -y install automake
sudo yum -y install autoconf

3) configureを実行

今回はユーザーホームディレクトリ配下にインストールしたいので、prefixでこれを指定する。

aclocal
autoheader
automake -a
autoconf
./configure --prefix=$HOME/usr

4) makeを実行

ユーザーホームディレクトリ配下にインストールするので sudoは要らない。

make
make check
make install

いざ実行!

解凍時にはオプション「x」を指定する。

export PATH=$HOME/usr/bin:$PATH
lha x xxxxxxx.lzh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です