(74) Raspberry Pi ZeroをVNCで

投稿者: | 2018年4月17日

この記事は最終更新から 552日 が経過しています。

1. やりたいこと

Raspberry Pi標準(?)の Raspbian OS は Debian Linuxをベースに作られている。
よって…
Linuxで出来ることならばだいたいできるはず。

屋外に設置する Raspberry Piはヘッドレスで使いたい。
すなわち…
ディスプレイ、マウス、キーボードをつながずに使いたい。

ということで…
Raspberry Pi上で VNCサーバーを動かし、パソコンから操作できるようにする。

2. やってみる

(1) VNCサーバーをインストール

Raspbian OSを NOOBSからインストールしたら RealVNC Serverが入っていた。

入っていない場合は apt-get すればよい。

apt-cache search vnc
realvnc-vnc-server
realvnc-vnc-viewer
xorg-server-source

realvnc-vnc-serverをインストールする。

sudo apt-get install realvnc-vnc-server

(2) SSHでログインし VNCサーバーを起動する

vncserver -geometry 1920x1080 -depth 16

(3) パソコンのVNCクライアントから接続する

過去記事 (46) VNC Viewer 6.0.2に入れ替える。 の手順で接続する。

Windowsパソコンで Raspberry Piの GUIが操作出来た!

3. 所感

やっぱり便利になった!

我が家では Raspberry Piに温度センサーを接続して屋外に設置しようと考えている。
このため、ヘッドレスでの運用は必須だ。
SSH接続でき、VNCでリッチなGUIを操作できるのはとても嬉しい。

ラズパイの GPIOポートに温度センサーを接続して室温を計測中…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です