(20)【Swift学習】[5] 配列

投稿者: | 2017年11月4日

この記事は最終更新から 1445日 が経過しています。

配列の宣言と要素へのアクセス

他言語と大差ない、特に違和感のない言語仕様だ。

配列の宣言時にデータ型も宣言

変数の場合と同様に、配列が保持するデータ型を宣言できる。
※初期値を与える場合、データ型を推測してくれるので宣言は必須ではない。

空の配列の宣言

空の配列を宣言する場合、データ型の宣言が必須。
配列要素の追加は appendメソッドを使う。
appendされた要素にはインデックスでアクセスでき、書き換えもできる。

配列のクリア

宣言済みの配列をクリアするのは簡単だ。
下記コードの 3行目の様に書けばよい。
※クリアした後であっても、宣言時と異なるデータ型の要素を格納することはできない。7行目ではエラーが発生する。

配列については色々と追記することがあると思う。
後日追記&整理しよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)