(24)【Swift学習】[9] 制御構文 switch

投稿者: | 2017年11月5日

この記事は最終更新から 1445日 が経過しています。

breakが不要

breakの書き忘れに起因するバグは確かに多い。
fall throughさせたいときに明示させる方がバグが生じにくいのだろう。

case文に値の範囲が書ける

「…」で値をつなぐと指定範囲で判定できる。

case文に条件式が書ける

case文に条件式を記述することにより、追加の条件判定を組み込める。

この例だと、三つ目の case文は以下の様に動作する。
1) aaaを定数 xで受け取る。
2) xが “i7” というプレフィックスを持つか(true/false)を判定する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)