HomeGUI › (37) Octave 4.0.3 GUI版をインストール

(37) Octave 4.0.3 GUI版をインストール

2015年5月29日に GUI対応版Octave がようやくリリースされた!
VMWare上にインストールしたばかりの CentOS7Octave 4.0.3 をインストールして使ってみる。

(1) ダウンロード

こちらのホームページから ver.4.0.3 をダウンロードする。
http://www.gnu.org/software/octave/
octavehp

WGETコマンドで取得してもよい。

$ wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/octave/octave-4.0.3.tar.gz

# 2018/08/30時点の最新版はこちら。
$ wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/octave/octave-4.4.1.tar.gz

解凍しておく。

$ tar zxf octave-*.tar.gz

(2) 依存ライブラリ類をインストール

こちらのページを参照し、Octaveの動作に必要なライブラリー類を事前にインストールしておく。
http://wiki.octave.org/Building
octavehp2

(3) ユーザー権限でconfigureを実行

まずは何も考えずに configureしてみる。
インストール先は /usr/local を指定した。

$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --disable-static --disable-docs

エラー発生…

configure: error: A BLAS library was detected but found incompatible with your Fortran 77 compiler settings.

上記の「(2) 依存ライブラリ類をインストール」で devel版インストールを失念していたのでいろいろと入れる。

yum -y install blas-devel
yum -y install lapack-devel
yum -y install qhull-devel
yum -y install fftw3-devel
yum -y install hdf5-devel
yum -y install glpk-devel
yum -y install fontconfig-devel
yum -y install fltk-devel
yum -y install qrupdate-devel
yum -y install arpack-devel
yum -y install osmesa-devel
yum -y install qt-devel
yum -y install gnuplot
yum -y install gl2ps-devel
yum -y install qscintilla-devel
yum -y install libsndfile-devel
yum -y install java-devel
yum -y install mesa-libOSMesa mesa-libOSMesa-devel
yum -y install umfpack umfpack-devel
yum -y install gperf
yum -y install suitesparse-static
yum -y install texinfo-tex
yum -y install GraphicsMagick-devel
yum -y install GraphicsMagick-c++-devel

コピペで実行する場合はこちら。

yum -y install blas-devel lapack-devel qhull-devel fftw3-devel hdf5-devel glpk-devel fontconfig-devel fltk-devel qrupdate-devel arpack-devel osmesa-devel qt-devel gnuplot gl2ps-devel qscintilla-devel libsndfile-devel java-devel mesa-libOSMesa mesa-libOSMesa-devel umfpack umfpack-devel gperf suitesparse-static texinfo-tex GraphicsMagick-devel GraphicsMagick-c++-devel

※本当は BLASなどはインストールするマシン用に最適化する必要がある。今回はまあいいや。

インストール成功後に imread を実行時に
error: imformats: support for Image IO was disabled when Octave was built
なんて出てしまった時には、GraphicsMagick-c++-develが入っているかチェックを。

$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --disable-static --disable-docs

警告発生…

configure: WARNING: JAVA_HOME environment variable not initialized.  Auto-detection will proceed but is unreliable.
configure: WARNING: Include file  not found.  Octave will not be able to call Java methods.
configure:
configure: NOTE: Libraries or auxiliary programs may be skipped if they are
configure: NOTE: not found OR if they are missing required features on your
configure: NOTE: system.

JAVA_HOMEには JAVAのインストール先をセットしておく。

$ export JAVA_HOME=/usr/lib/jvm/java
$ ./configure --prefix=/usr/local --enable-shared --disable-static --disable-docs

configureが完了しました。

(4) ユーザー権限でmakeを実行

$ make

(5) ユーザー権限でmake checkを実行

$ make check

FAILが10個も出た…
何に失敗したのかを後で調べよう。

Summary:
  PASS     12984
  FAIL        10
  XFAIL       25
  SKIPPED     84
See the file /home/aaaaa/tmp/octave-4.0.3/test/fntests.log for additional details.

(6) 管理者権限でmake installを実行

$ sudo make install

(7) GUI版Octaveを起動

インストールしたばかりのOctaveを起動してみる。

$ octave --gui

octave_app1
なんかそれっぽいのが出てきました!
これから色々といじってみようっと。


Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>