(6) size()で配列の要素数を見る

投稿者: | 2013/07/10

size( A ) は、配列Aの各次元の要素数を見ることができる。

octave:5> a=[1 2 3;4 5 6]
a =
   1   2   3
   4   5   6
octave:6> size(a)
ans =
   2   3

size( A, B ) は、配列Aの第B次元の要素数を見ることができる。

octave:7> size(a,1)
ans =  2
octave:8> size(a,2)
ans =  3

サイズ情報を表示させるのではなく、直接変数に入れることもできる。

octave:9> b = size(a)
b =
   2   3
octave:10> [b,c] = size(a)
b =  2
c =  3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です