(58) 【WORDPRESS】 任意の場所にGoogle Adsenceを簡単に貼り付けるプラグインを作る。

投稿者: | 2018年10月28日

この記事は最終更新から 388日 が経過しています。

1. やりたいこと

ブログを書いているときにいちいち Google Adsenceのコードをべたッとコピペで貼り付けるのは面倒だ。
プラグインを作り、ショートコード貼り付けでこれを実現したい。

2. やってみる!

1) 方針

・Simple is best! 設定画面を設けない。

2) 実装

たったこれだけだ。
作ったプラグインの登録方法は (22) 【WORDPRESS】自作ウィジェットをプラグイン登録 を参照のこと。

<?php
/*
Plugin Name: GGADS
Plugin URI: 
Description: Display GGADS
Version: 1.0
Author: DOGROW.NET
License: GPL2
*/

// 当該プラグインクラスに実体を持たせる。→ __construct()から処理起動
if (class_exists('GGADS')) {
  $GGADS = new GGADS();
}

class GGADS {
  public function __construct() {
    // ショートコードを登録
    add_shortcode('GGADS', array($this, 'proc_shortcode'));
    // テキストウィジェットの中でショートコードを実行可能に設定
    add_filter('widget_text', 'do_shortcode');
    // プラグインの有効化、無効化のタイミングでコールさせる。
    register_activation_hook(  __FILE__, array($this, 'proc_plugin_activate'));
    register_deactivation_hook(__FILE__, array($this, 'proc_plugin_deactivate'));
  }
  public function proc_plugin_activate(){   // 特に処理なし。
  }
  public function proc_plugin_deactivate(){ // 特に処理なし。
  }
  public function proc_shortcode(){
    // Google Adsenceコードを出力する。
return <<< EOM
  :
 ここにAdsenceコードをべたッと貼り付ける。
  :
EOM;
  }
}     // end of class

後は、ブログの記事中の好きな場所に以下のようにショートコード [GGADS] を書けばよい。

できた!
[GGADS]
↑ この広告はショートコードで表示しています。

できた!

↑ この広告はショートコードで表示しています。

3. 応用

・ショートコードにはパラメータを渡せる。 → パラメータで広告を指定できるようにする。
・管理画面を作り、広告コードを登録できるようにする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)